FC2ブログ

リトルホンダ



このあたりになるとわかってきますね。
今回、結城メンバーはPC50で参加でした。

この後、益子の従姉宅で昼食後、益子陶芸協同組合で用品を買ってから帰路に。
帰りも同じルートで、自宅に着いたのは22時50分でした。
往復950kmを走ったミニツーリング参加でした。
スポンサーサイト



ベンリィ号



これも私には車名が?です。
昔、似たようなバイクに月光仮面が乗っていたなぁ。

古いのばかり



朝、あらためて皆さんのバイクをチェック。
奥はヤマハの125で2ストのツインですが、古くて私には車名がわかりません。

ホンダ純正?



夜中にガサガサ音がすると思ったら蟹でした。
背中にHマークのあるホンダ純正だそうです。(笑)
朝から美味しい蟹汁をいただきました。

翌朝



11/25(日) 前夜は寝るまで濃~いバイク談義で盛り上がりましたが、食べるのに忙しくてカメラを取り出す間がありませんでした。
美味しい朝御飯は外でいただきました。

星ふる里



紅葉の中を100kmちょっとツーリングしました。
今夜の宿、御前山の「星ふる里」に到着です。

新しいナンバー



村のナンバーはC100に移したので、古カブには新しいナンバーが付きました。
「磐田市」の方が場所を判ってもらえるけど、古いカブには村のナンバーがお似合いだったなぁ。

スポーツカブとジュノオ



珍しい2台に囲まれました。
走っているジュノオなんて初めてみます。
水平対向のツインエンジンだなんて、当時は高級車だったんだろうなぁ。

純正キャリア?



大きなキャリアが付いてますが、当時のオプションだったんだろうか?
実用車っぽいところがカブらしくていいですね。

オプション満載



こちらは当時のオプションを装着してます。
センターバックはちょっとしたレア物ですね。

新しい?



テールの形状からして後期型ですね。
それでも40年以上も昔のカブだからなぁ。

古いなぁ



古いカブがたくさん集まりましたが、中でもこのカブが一番サビ付いてました。

道の駅もてぎ



11/24(土) 益子町の従姉宅には7時半に到着しました。
朝御飯をご馳走になってから、集合場所の道の駅もてぎに向かいます。
自宅からここまで410kmと、ミニツーリング参加にしては遠いなぁ。(笑)

水戸ミニツーリング



11/23(金) 水戸藩カブ、阿久津さん主催のミニツーリングに参加しました。
幹線国道は走っても楽しくないので、今回は甲府から秩父に抜けるR140を走ってみることに。
23日の夜21時過ぎに出発して山梨、埼玉県境の雁坂トンネルに着いたのは日が変わった2時でした。
身延で気温2℃の表示を見たけど、ここはマイナス2℃でした・・・

雁坂トンネルは国道で一番長いトンネルだそうです。

遠乗り?



OHVエンジンは老体ながら快調です♪
隣り町までトコトコと。

ナンバー登録



やっと村ナンバーを付けることができました。
やはり古いカブには市より村ナンバーですね♪
市町村合併で譲渡証明書が必要になったりと、手続きは煩雑になってしまったなぁ・・・

冬支度



M号にはスクリーンとハンドルカバーを装着しました。
これで冬のツーリングも快適に♪

Fブレーキレバー



後年式のスロットルホルダーとブレーキレバーが付いてたので、ブレーキレバーだけオリジナルに戻しました。
スロットルホルダーはまた時間をみて交換します。

使えるかな?



何やら部品を外しているおじいちゃん。

部品取り?



軒先で雨ざらしになっているC100を引っ張り出しました。

ポイント交換



エンジンのかかりが悪いと思ったら原因はポイントの荒れでした。
ポイント点火のバイクなんて初めてだからなぁ。
さすがはおじいちゃん、症状を確認して手早く直してくれました。

タンクキャップ



ガソリンを満タンにすると、給油口から滲み出てしまいました。
キャップを見るとコルクのパッキンがヘタっているようです。
資料では61年式あたりから、ゴム製パッキンに変わっているはずだけどなぁ。

ゴム製パッキンを注文しようとしたら、店に在庫が有るそうです。
さすがはカブですねぇ。
田舎の自転車屋さんでも、カブだったら一通りの部品は持っている?

わずか6,000km



メーターは一回りくらいしているかと思いきや、これが実走距離だそうです。
41年間で6,000kmとは・・・
これから本調子ってところですね。(笑)
メーター周囲の、手を加えていないサビ具合がいいなぁ♪

C100がやってきました

C100

最近入手したC100です。
車体No.やテールランプの形状からして、1966年式のC100最終型か?
前所有者は自転車屋さんのおじいちゃんで、新車で売ったのが手元に戻ってきて以来
20年近く綺麗に維持してきたカブです。
今回、縁あって私の手元にやってきましたが、これからも大事に乗らないと。

かぶっ飛び倶楽部って?

草の中01

かっ飛び倶楽部の別動隊が、カブによるツーリングクラブ「かぶっ飛び倶楽部」、通称「かぶ隊」です。
カブに乗っての、のほほんツーリングを毎回楽しく開催中!

朝日新聞の情報発信サイトどらくで紹介されました。
かぶ隊のプロフィールはそちらをご覧下さい。
カウンター
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かぶっ飛び倶楽部

Author:かぶっ飛び倶楽部
現在、会員募集はしていません。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
連絡先

名前:
メール:
件名:
本文: